さくらレンタルサーバーでファイル一覧のIndex ofを見えなくする方法

その他

さくらインターネットのレンタルサーバーでは、初期ドメイン(ドキュメントルート直下)にindex.htmlやindex.phpなどのインデックスファイルがなかった場合、そのディレクトリのファイルの一覧が表示されて丸見えになってしまいます。

サーバーの設定に関するファイルや見られたくないファイルが有る場合など、セキュリティー面から見てもあまり良い状態ではありませんし、複数のサイトを運営している場合、それらが関連付けられて匿名性を保てなくなる事もあります。

ですが、さくらのレンタルサーバーではファイルマネージャーや、.htaccess の設定によってファイルの一覧 ( Index of ) を表示させないようにすることができます。

ファイルマネージャーを使うととても簡単に設定できるので、index of の表示を非表示にする手順についてメモしておきます。

スポンサーリンク

ホームページにアクセスすると、Index of という表示になってしまう

さくらのレンタルサーバーでは、〇〇〇.sakura.ne.jpなどの初期ドメインにアクセスした時にドキュメントルート直下にindexファイルが無い場合、以下のようにindex ofでファイル一覧が表示される設定になっています。

この状態だと誰でもフォルダとファイルにアクセスできて、中身が丸見え状態です。

さくらレンタルサーバーでファイル一覧のIndex ofを見えなくする方法

ファイルマネージャーを利用して、インデックスファイルが存在しない場合にファイル一覧を表示しない ( エラー表示する )という設定をしていきます。

さくらのコントロールパネルにログインし、「ファイルマネージャー」をクリックします。

ファイルマネージャーが開くので、上部のツールバーの「表示アドレスへの操作」 > プルダウンメニューの「アクセス設定」をクリックします。

すると、初期ドメインにアクセスした時にどうするかを設定できる「アクセス設定」が表示されます。

その中「indexファイル」をクリックすると、indexファイルの拡張子を選択できるようになっているので、アクセスを拒否したい拡張子を任意で選択、追加した後「アクセスを拒否する」にチェックを入れ「OK」ボタンをクリック。

これで、これらのindexファイルが存在しない場合、アクセスを拒否するという設定になりました。

初期ドメインにアクセスして確認する。

〇〇〇.sakura.ne.jpなどの初期ドメインにアクセスして、設定の確認をします。

403 Forbidden
You don’t have permission to access / on this server.

という表示になり無事にアクセスが拒否され、index ofが見えなくなりました。