Instant WordPress(v4.5)でローカル環境を簡単に作成する方法

WordPress

新しいパソコンに今まで使っていたXAMPPを入れようと調べていたら
Instant WordPressを使った方がものすごく簡単そうなので試してみた。
今のところ、本当に素晴らしく簡単。
まだテーマのインストールまでしかしていないけど、覚書。

2018年2月現在のInstant WordPressはバージョン5.3ですが、
このページで紹介しているのはバージョン4.5での方法です。

新バージョンでは利用方法が変わったため、使えていません。

https://instantwp.com/
スポンサーリンク

Instant WordPressでローカル環境を簡単に作成する方法

Windows上にWordPressローカル環境を簡単に作成する方法。

新しいパソコンに今まで使っていたXAMPPを入れようと調べていたら
Instant WordPressを使った方がものすごく簡単そうなので試してみた。
今のところ、本当に素晴らしく簡単。
まだテーマのインストールまでしかしていないけど、覚書。

1、Instant WordPressをダウンロードしてインストール

※わかりやすいよう、「C:¥」にインストール。
※USBメモリにインストールして持ち運びも可能。

2、インストールフォルダの中の「InstantWP.exe」を起動。

3、ログインする。

「Wordpress Admin」を起動するとWordpressのログイン画面が表示されるので

Username: admin
Password: password
Language: 日本語(ja)

と入力してログインする。

MySQLへのログインは以下となります。

ID : root
pass :  無記入でOK

4、Wordpressが古いので新しいバージョンに更新する。

5、デフォルトのブラウザがIEなので好きなブラウザに変更。

「InstantWP」フォルダー→「iwpserver」→「pms_config.ini」を修正する。
例えばChromeに変更したい場合は以下のように変更する。

「pms_config.ini」25行目の

BrowserPath= ../system/InstantWP_GUI.exe

青色部分をChromeへのパス(以下参考)に変更。↓

BrowserPath= "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"

ブラウザへのパスは、C:からブラウザを探し、右クリックでメニューを開き、プロパティで場所を確認できます。書き換える時はパスを ” で囲むのを忘れずに!

firefoxの場合のパス(参考)

"C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox\firefox.exe"

以上でローカル環境が出来ました。