サイトをhttpからhttpsに常時SSL化した後にやるべきGoogle系の設定

WordPress

このサイトをhttpからhttpsに常時SSL化しましたが、すでにhttp://のアドレスで登録してあるGoogle系の設定も変更が必要なのか一つ一つ確認する事にしました。今後、他のサイトも順次常時SSL化する予定なので覚書として残しておきます。

スポンサーリンク

サイトをhttpからhttpsに常時SSL化した後にやるべきGoogle系の設定

SEOの面でも効果を期待し、必ず確認、再設定などを実施しておきます。

当ページでは、以下の3つを確認、実施しました。

  • Google Analytics(グーグル アナリティクス)
  • Google Search Console(グーグル サーチコンソール)
  • Google AdSense(グーグル アドセンス)

それぞれ、順を追って書いていきます。

サイトをhttps化した後のGoogle Analyticsの設定

Googleアナリティクスは、サイトをhttps化した後、特に何も変更を加えなくても、以前登録したhttpのアドレスで正確なアクセス解析データ自体はちゃんととれるようですが、Googleアナリティクスの設定変更はプロパティを変えるだけで済むので簡単です。面倒がらずにやっておきました。

1、プロパティ設定を変更

Googleアナリティクスにログインし、左下の歯車マークから設定に入ります。

管理画面に入ると、真ん中に「プロパティ設定」があるのでクリックします。

 

次の画面の真ん中ぐらいに、「デフォルトのURL」があり「http」の部分がプルダウンになっています。
この部分を「https」に変更し、「保存」をクリックします。プロパティ設定はこれで完了です。

2、ビュー設定を変更

一つ前の管理画面に戻り、右上の「ビュー設定」をクリックします。

 

次の画面の真ん中ぐらいに、「ウェブサイトのURL」があり「http」の部分がプルダウンになっています。
この部分を「https」に変更し、「保存」をクリックします。ビュー設定はこれで完了です。

Google Analyticsの設定の変更はこの2か所で完了です。

  • プロパティ設定の変更
  • ビュー設定の変更

サイトをhttps化した後のSearch Consoleの設定

アナリティクスの設定変更は、httpをhttpsに変更するだけ、という簡単なものでした。ですが、Search Consoleでは、常時SSL化に伴ってhttpからhttpsにとURLが変わるので、もう一度「https」のサイトを別のサイトとして登録し直す必要があります。

以下がその流れです。一つ一つやっていきます。

  1. https://~のサイトを新たに登録する。
  2. サイトの所有権を確認する。
  3. サイトマップの送信をする。
  4. Fetch as Googleページの再クロールを依頼する。
  5. Google アナリティクスと関連付ける。

※今回のドメインはwwwを付与せず作っているので省いていますが、wwwを付与している場合はそれも別サイトとして同じように登録、設定をしなければいけません。
※また、常時SSL化前にすでに登録済みの「http://」も変更せず、そのまま残しておきます。

https://~のサイトを新たに登録する。

Search Consoleにログインし、「プロパティ」を追加をクリックし、https://~のサイトを新規登録する。

サイトの所有権を確認する。

所有権の確認には色々な方法がありますが、今回はアナリティクスで確認できました。

もし旧ドメイン(httpsじゃなくてhttp)と同じ確認方法でうまく行かない場合は、別な方法を選んでみると良いと思います。

サイトマップの送信をする。

登録したサイトのサイトマップを送信します。

Fetch as Googleでページの再クロールを依頼する。

Search Consoleの「Fetch as Google」にある「インデックスに送信」機能でページの再クロールを依頼します。

サーチコンソールの左の欄に「Fetch as Google」があるのでクリック。

 

次のページでテキストボックスは空欄のままで「取得」ボタンをクリックします。

ページへのアクセスに問題がなければ、同じ画面に下部に表示されるリクエストの結果一覧の「インデックスに送信」ボタンをクリックします。

ダイアログが表示されるので「このURLと直接リンクをクロールする」を選択して送信します。

これで一連の作業は完了です。あとはクロールを気長に待ちましょう。

サイトをhttps化した後のGoogle AdSenseの設定

グーグルアドセンスも利用していますが、こちらは何年か前の古い広告コードを使用している場合は再度貼り直す必要がありますが、そうでなければ何もしなくて大丈夫なようです。

古いコードで、 httpが含まれている場合は新たに設置しなければならないようです。

今後、古くから運営している別サイトをhttps化する予定なのでもしかしてそこで何らかの問題が出るかもしれないので、その場合また追記したいと思います。

以上、サイトをhttpからhttpsに常時SSL化した後にやるべきGoogle系の設定でした。
SEOの面でも効果を期待し、必ず確認、再設定を実施するようにしましょう。