サーチコンソールに「インデックス カバレッジの問題が新たに検出されました」と出た時の原因と対処法

WordPress

今日、Search Console (サーチコンソール)にて以下のメッセージが表示されていました。

サイト(当サイト)https://michinari.work/ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました

「インデックス カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性があると書いてありますし、問題のあるページも提示してくれていたので、さっそく原因を調べて対策してみました。

スポンサーリンク

「インデックス カバレッジの問題が新たに検出されました」と出た時の原因と対処法

問題はnoindexタグ?

「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました、というメッセージをクリックすると問題の状態が出てきました。

今回の問題は、送信されたURLに noindexタグが追加されている、というのが原因のようです。

すぐ下の「Search Consoleを使用してインデックスカバレッジ件の問題を修正」をクリック。

次の画面でステータスが表示されるので、赤枠のところをクリックして次の画面に進みます。

すると、次の画面の下の方に問題のあるページ( noindexタグが追加されている)のURLが表示されていました。

Sitemap.html? あれ?sitemaps.htmlは作ったけれど?とブラウザで確認すると、ワードプレスのプラグインであるXML-Sitemapsで自動生成されるSitemap.xmlが表示されました。

どうやら原因はワードプレスのプラグインであるXML-Sitemapsの設定なようだったので、次で確認して修正しました。

XML-Sitemapsの設定を確認して修正する。

この問題のよくあるケースが、XML-Sitemapsの設定のようです。

WordPress管理画面  >設定 > XML-Sitemaps をクリックして設定画面に入ります。

定画面の真ん中より下に「HTML形式でのサイトマップを含める」という項目があり、当サイトはチェックが入っている状態でした。

これが、今回の「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されましたというメッセージの原因、送信されたURLに noindexタグを追加した部分でした。

「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックを入れて有効にすると、HTML形式のサイトマップも生成されるのです。これは、XML標準を理解していないボットにとって有益ですが、生成されたsitemap.htmlはsitemap.xmlと同一内容なために、重複コンテンツと見なされないよう、プラグインにてnoindexタグが自動的に付加されるとの事。

XML標準を理解していないボット、というのが何なのかよくわからないのですが、少なくともGoogle系にはsitemap.xmlさえあれば、同時にhtmlは無くても良いのではと判断して、ここのチェックを外しました。

その後、下にある「設定を更新」を忘れずにクリックします。

Search Consoleに修正を確認してもらうよう依頼する。

以上の作業を終えてから、Search Console (サーチコンソール)の問題のページのURLが表示されたページに戻ります。

そのページの上の方に、「修正を完了しましたか?」の文字と、横に「修正を検証」というボタンがあるのでクリック。
すると下のような画像になり、検証が開始された事がわかります。

すぐには検証が終わらないようですが、上記の「詳細を表示」でも検証の状態などを見れますし、Search Console (サーチコンソール)のトップページにも「問題の修正を確認しています」とメッセージが表示されるので、気長に待つことにします。

追記:問題が修正されました。

修正を依頼してから6日後、サイト https://michinari.work/ の インデックス カバレッジ に関する問題が修正されました 、とメッセージが届きました。約1週間ぐらいですね。